ディレクトリサイト登録前に行うセルフ式価値分析方法

リンク集への登録や中小規模の検索エンジンへの登録を推奨する情報がありますが、しっかりとそのサイトの価値の分析方法を身に付けていますか?

最大数千URLのリンク集や中小規模の検索エンジンに自動で登録します、ということが、いかにウェブサイトにとってリスクが高いのかを痛感している方もいらっしゃるようですが、このエントリーでは、適切なリンクサイトの価値分析方法を書くことにします。

リンク集や中小規模の検索エンジンへの自動登録は、本当に自動登録されるのかどうかをテストする目的でなら、利用してもいいかもしれないですよね。
また、指定したディレクトリへ登録できるのかという精度を計ることも目的としてはあるでしょう。

しかし、これはベンダーサイドでやるべきで、利用者がすることではないですし、登録先のサイトの価値は全く計れません。
そこで目ぼしいリンクサイトの価値を自己分析するスキルが必要になることに気が付くでしょう。

評価項目としては、
・運営者および出資者
・運営期間
・収益構造
・広告リンクの有無と質
・バックリンクの有料リンクやリンクファームとの関係
・ディレクトリ以外のコンテンツの有無
・各ディレクトリのサイト登録数と内容
・リンク登録ポリシー
・スパムを予感させる仕込みがあるかどうか
などは、最低限調査したい項目ではないかなと思います。

これらをチェックシートにまとめて総合評価したいですね。

資料提供SEO対策セミナー
セミナー参加者特典としてレジュメの配布等の特典があるSEOセミナー開催中
SEOセミナー ファイナル 大阪 東京新宿
https://www.seojuku.com/seminar/

«
»