algorism

エイジングフィルター発動を見越したウェブサイト制作プロセス

ドメインを新規に取得するタイミングについて考えてみました。
エイジングフィルターという厄介なものが導入されて以来、サッと取得してサッとインデクスして軌道に乗せるということが出来にくくなっているのが現状です。

エイジングフィルターの発動のきっかけも掴めていないし、その情報も無いので、結局のところ、数ヶ月前にはドメインを取得しておくことになることが多いでしょうね。


“エイジングフィルター発動を見越したウェブサイト制作プロセス” の詳細は »

検索キーワード設定時にビッグやスモールを意識しすぎると最適なモノは出ない

SEOの基礎知識として、ビッグキーワードとスモールキーワードの解説が、インターネット上で公開されてありますよね。

この言葉の説明については、あくまでも上位表示という指標においての難易度を示すものであることを明言した方がよさそうですが、いかがでしょうか。

検索回数や一般的に知られているという程度の定義では、ちょっと物足りない気もします。


“検索キーワード設定時にビッグやスモールを意識しすぎると最適なモノは出ない” の詳細は »

検索ビギナーからの脱却は検索コマンドの利用にある

検索エンジンは、通常、キーワードを入力して関連するコンテンツを含んだウェブサイトやウェブページを返すわけですが、もっと違う利用を習得して、検索の幅を広げて精度を高めることも可能です。

検索エンジンで利用できる検索パラメータの一部を紹介しておきます。
よりよい検索ライフをお楽しみください。


“検索ビギナーからの脱却は検索コマンドの利用にある” の詳細は »

「儲かるキーワード」を有料で配布するのはビジネスモデルのひとつ

検索ユーザーは、検索時に何らかの意図があって、キーワードを打ち込んで、検索ボタンを押しています。
その意図とは、特定の情報を得たい、何か買いたい、目的のウェブサイトを探したい、あることについて調べたいなど、必ず行動のきっかけがあります。

もっと深く掘り下げると、検索行動には原因があるわけです。
なぜ調べようと思ったのか、などですね。


“「儲かるキーワード」を有料で配布するのはビジネスモデルのひとつ” の詳細は »

ヤフーとGoogleの提携が独占にあたるとマイクロソフトが物言い

日経新聞は、ここ数日、日本ヤフーの米Googleとの提携についての記事を掲載しています。
マイクロソフトが、日本ヤフーとGoogleの提携について、独占である証拠を、日本の公正取引委員会に提出する、ということで追いかけているようですが、多分、そんな証拠出されても、現実を見てみないとなんとも言えないでしょうね。


“ヤフーとGoogleの提携が独占にあたるとマイクロソフトが物言い” の詳細は »

リンクして欲しいウェブサイトのバックリンクを調査する方法

ヤフーサイトエクスプローラーのアカウントを解説して、運営中のウェブサイトの管理に積極的に活用している人は多いと思います。
「サイト管理者向けツール」ということで、様々な機能を有する無料ツールですが、概ね、管理経験が長くなってくると重宝しているウェブマスターが主な利用層でしょうかね。

今回は、ヤフーサイトエクスプローラーの便利な使い方について、参考までに書き留めておこうと思います。
Yahooのアカウントを持っている人は、直ぐにでも利用可能です。


“リンクして欲しいウェブサイトのバックリンクを調査する方法” の詳細は »