マインド

繁盛している実店舗を参考にしてウェブサイトの運営を

アクセスを訪問者と考えられる人は、ウェブサイトを実店舗同様に運営や設計思想を持っています。
顔も姿も見えないからこそ、適当には出来ないものです。

ウェブサイトは、一方的な情報コミュニケーションツールになりがちです。
だからこそ、訪問者の事を徹底的にもてなす必要があるのではないでしょうか。


“繁盛している実店舗を参考にしてウェブサイトの運営を” の詳細は »

あなたのウェブサイトは本当にユーザー視点になっている?

ウェブサイトはバランスが大事です。
派手なデザインは制作コストが嵩みますし、かと言って、テキストだらけのウェブページは読みにくく、苦痛にさえ感じる人もいるでしょう。

では、ユーザーが使いやすければいいのか、というと役に立たなければアクセスは伸びないですし、役に立てばそれで満足かというと、それも違いますよね。


“あなたのウェブサイトは本当にユーザー視点になっている?” の詳細は »

SEOマニフェストを公開することでSEOマインドを知ってもらおう

政治の世界では「マニフェスト」が連呼されています。
このマニフェストは、宣言や声明を表すものであり、政治特有のものではないのですよ。

もちろん個人が仕事を行う上で、同僚や上司にマニフェストを掲げてもいいわけです。
SEOビジネスでも、マニフェストがウェブサイト上で掲げられていても不思議ではないのですが・・・。


“SEOマニフェストを公開することでSEOマインドを知ってもらおう” の詳細は »

強みとパフォーマンスを最大化し顧客満足に繋げるSEOマインド

SEOマインドと何かと自問自答すると、どういう答えを出すべきかについて考えてみたいと思います。

SEOについての解説記事を公開しているウェブサイトはたくさんありますが、内部要因や外部要因についての方法論が中心となってしまいがちなので、本質を問い詰めていく記事はあまりありません。

検索ランキングの上位表示、トラフィックの確保などもSEOの一端でしかないのです。


“強みとパフォーマンスを最大化し顧客満足に繋げるSEOマインド” の詳細は »

SEM担当者を採用またはパートナーとして選ぶ際の面接方法

検索エンジンマーケティングを職業とする場合、どういうタイプの人が適正があるのかは、採用する会社または個人コンサルタントによって意見が異なると思います。

「適正」というものは、事前にわかるものではありませんが、何となく好感触、という手ごたえはつかめるものです。
就活ブーム?のさなかにあって、好感触を得るためのノウハウなども出回っていますが、面接しのぎのための面接にならないためには、企業側はどうすればいいのでしょうか。


“SEM担当者を採用またはパートナーとして選ぶ際の面接方法” の詳細は »