公開終了の映画公式サイトのドメインが入手できたらやること

公開終了した映画の公式サイトの行方はどうなっているんでしょうかね?
ある映画の公式サイトは2008年公開でしたが、未だに公式サイトは開設されたままでした。
当然、メンテナンスつまり更新はされていません。

既に古い情報である公開終了の映画公式サイトを上手く活かすとしたら、どういう戦略があるでしょうか。
SEMトレーニングとしてやってみましょうか。


“公開終了の映画公式サイトのドメインが入手できたらやること” の詳細は »

SEOとSEMではウェブサイトへのトラフィックの獲得を最優先

SEOやSEMの目的の中心には、トラフィックの獲得にあります。
ウェブサイトがビジネス向けであれ、個人のブランド化のためであれ、トラフィックが無ければ存在しないのと同じですよね。

ここで、トラフィックを定義しておきますと、ウェブサイトを閲覧する人やそのウェブサイトのブランドを広めてくれる人、他のサイトからのリンクから訪問してくれた人、検索エンジンからオーガニック検索によってやってきた人など、全てを対象とするものです。


“SEOとSEMではウェブサイトへのトラフィックの獲得を最優先” の詳細は »

外部へのリンクを検索エンジンが評価する理由を大公開

SEOの経験のある人は、外部リンクには消極的であることが多いですよね。
それこそ、いろいろと理由をつけては、外部へのリンクを拒否するSEO担当者も、企業内にはいるかもしれません。

外部へのリンクは、
・訪問者の出口
・評判を落とす行為
・検索ランキングの下落
に関わるというのですが・・。


“外部へのリンクを検索エンジンが評価する理由を大公開” の詳細は »

SEM担当者を採用またはパートナーとして選ぶ際の面接方法

検索エンジンマーケティングを職業とする場合、どういうタイプの人が適正があるのかは、採用する会社または個人コンサルタントによって意見が異なると思います。

「適正」というものは、事前にわかるものではありませんが、何となく好感触、という手ごたえはつかめるものです。
就活ブーム?のさなかにあって、好感触を得るためのノウハウなども出回っていますが、面接しのぎのための面接にならないためには、企業側はどうすればいいのでしょうか。


“SEM担当者を採用またはパートナーとして選ぶ際の面接方法” の詳細は »

「儲かるキーワード」を有料で配布するのはビジネスモデルのひとつ

検索ユーザーは、検索時に何らかの意図があって、キーワードを打ち込んで、検索ボタンを押しています。
その意図とは、特定の情報を得たい、何か買いたい、目的のウェブサイトを探したい、あることについて調べたいなど、必ず行動のきっかけがあります。

もっと深く掘り下げると、検索行動には原因があるわけです。
なぜ調べようと思ったのか、などですね。


“「儲かるキーワード」を有料で配布するのはビジネスモデルのひとつ” の詳細は »

ソーシャルメディアではユーザーが生産者

動画配信サイトはソーシャルメディア化を急速に成し遂げた、最もホットなものだと思います。
youtubeとニコニコ動画が、日本では、最も知れ渡っている動画配信サイトだと思いますが、ここまで、動画配信がユーザーの手によって生産され、そして消費していくことは、誰が予想したことでしょう。

“ソーシャルメディアではユーザーが生産者” の詳細は »

 

生放送の真髄はリアルタイムで視聴者の意見が出演者に届くこと

堀江貴文氏が月一でニコニコ生放送を使っての対談番組である「満漢全席」を初めて見ました。
ゲストとの対談中であっても、視聴者からのコメントがモニターを通じて、堀江氏やゲストに伝わるので、これぞ視聴者参加番組のスタイルではないかと感じました。
“生放送の真髄はリアルタイムで視聴者の意見が出演者に届くこと” の詳細は »

 

キャンペーン情報をブランディングなどに活かす

アドワーズ公式ブログからのネタですが、ビジネスの告知等が出来るチャンスがあるようです。
広告主は、AdWords がどう役立ったのか、 3 分以内の動画をYouTube に、もしくは750 字以内で文章にまとめるだけで、エントリーが完了します。
“キャンペーン情報をブランディングなどに活かす” の詳細は »

検索の操作性を簡易にしてくれるGoogleサイドバー

Googleのウェブ検索では、キーワードによっては、ウェブページや画像、動画さらにはツイッターのつぶやきが同時に表示されます。
これはGoogleが標榜する設計に基づいていると思いますが、あまりにも高機能化を図り過ぎると、ユーザーの検索リテラシーが追いつかないのではないかと思っています。
“検索の操作性を簡易にしてくれるGoogleサイドバー” の詳細は »