強みとパフォーマンスを最大化し顧客満足に繋げるSEOマインド

SEOマインドと何かと自問自答すると、どういう答えを出すべきかについて考えてみたいと思います。

SEOについての解説記事を公開しているウェブサイトはたくさんありますが、内部要因や外部要因についての方法論が中心となってしまいがちなので、本質を問い詰めていく記事はあまりありません。

検索ランキングの上位表示、トラフィックの確保などもSEOの一端でしかないのです。

方法論についての言及が多いウェブサイトは、SEOによる長期的なメリットについて深く考えていないのかもしれません。
いやいや、長期的に検索ランキングの上位に滞在してトラフィックを集めることが、真のSEOだよ、ということを言ったとしても、やはり検索ランキングとトラフィックという検索エンジン寄りの思考から脱却できないでいることは明らかです。

法人サイトのSEOを手がけている場合は、検索上位表示やトラフィックについてが最優先事項ではなく、企業の強みと事業パフォーマンスの最大化とブランド構築のための広告活動を標榜するはずです。

これがSEOの本質です。
結果、そのウェブサイトを見た訪問者がアクションを起こす価値があると判断してくれればコンバージョンに繋がるわけで、単純に検索ランキング云々は視野の狭さを自ら告白しているようなものです。

例え、クライアントの要望が検索ランキングの向上だとしても、もっと大きな視点を持つべきです。

«
»