エイジングフィルター発動を見越したウェブサイト制作プロセス

ドメインを新規に取得するタイミングについて考えてみました。
エイジングフィルターという厄介なものが導入されて以来、サッと取得してサッとインデクスして軌道に乗せるということが出来にくくなっているのが現状です。

エイジングフィルターの発動のきっかけも掴めていないし、その情報も無いので、結局のところ、数ヶ月前にはドメインを取得しておくことになることが多いでしょうね。

株式会社アルゴリズムのseo対策で
googleはSEO塾のマニュアルで順位アップを
www.algorism.co.jp/

これは主に、ビジネスサイトでキャンペーンを開催するケースでは、慎重にドメイン取得する必要があります。
別ドメインでのキャンペーンの場合は、予め、スタートの数ヶ月前に、ドメインを取得して寝かせるのです。

index.htmlページ1枚でもいいのですが、何らかのコンテンツを埋め込んでおいて、クロールだけさせておきます。
メインサイトからリンクを供給してやれば、クローラーがそのうち巡回しますので、こういったことを見越した長期的な計画が必要になります。

キャンペーンページを公開した後は、SEOオーガニック検索で上位表示させたいでしょうから、プレサイトという名目でキャンペーンに繋がるコンテンツを公開しておき、徐々に完成に向けていくという手段もありますね。

エイジングフィルタのために、数ヶ月から半年も寝かせるのは無意味だ、という場合は、検索連動型広告などでトラフィックを獲得するという方法もあります。

«