検索キーワード設定時にビッグやスモールを意識しすぎると最適なモノは出ない

SEOの基礎知識として、ビッグキーワードとスモールキーワードの解説が、インターネット上で公開されてありますよね。

この言葉の説明については、あくまでも上位表示という指標においての難易度を示すものであることを明言した方がよさそうですが、いかがでしょうか。

検索回数や一般的に知られているという程度の定義では、ちょっと物足りない気もします。


検索キーワードを、単純にビッグかスモールかで区別できるほど、簡単なものではないと思います。

このような、あまりにも短絡的な定義づけを丸覚えしてしまったSEOビギナーは、後々苦労することになるんですよね。

つまり、検索回数の多いキーワードは競合も多いし、かと言って、検索回数の少ないキーワードではトラフィックが物足りない、というジレンマを抱えたまま時間だけが過ぎていくわけです。

その結果、SEOはダメだ、という結論に・・。

諦めないSEO対策がある
ダメになる前に相談して下さい。ダメかどうかはプロが判定します。
www.algorism.co.jp/

キーワードは、検索回数は最優先ではなく、2語、3語のワード数にも過敏に反応する必要もないと思いますよね。

ウェブサイトに導くには、どのようなキーワードが良いか、とシンプルに考えてから、ニーズをリサーチした結果、○○+□□という検索キーワードが最適化対象としてSEOを実施すれば宜しいのではないでしょうか。

«
»