ウェブサイトリニューアルはリニューアル後からが大切

ウェブサイトのリニューアル時に、注意すべき点があるとしたら、どういう部分でしょうか。
リニューアルの理由は様々あると思います。

デザインが古い、イメージを変える、設計上の問題点を無くす、HTMLページからCMSに変更する、などの理由で実施されるリニューアルでは、いくつかの問題を内包しているので、慎重にやらなければなりませんよね。

ウェブサイトは公開されてから成熟に向かうので、大きな転換期があっても、何ら不思議なことではありません。
改善の積み重ねがウェブサイトの質を高めることになるのです。

リニューアル完了と同時に、コンバージョンレートを確認してみることは必要なことですよね。
ウェブサイトの設計の中で、ランディングページは特定の1ページだけと考えるのではなく、全てのページがランディングページと考えることで、リニューアルの成果が変わる可能性があります。

訪問者は、ウェブページのトップページであろうが、深い階層のページであろうが、全く関係ないのです。
検索者の意図に応えるページがランディングページとなるので、トラッキングコードを埋め込んで、ページによるバラツキが無いかどうかを追跡していく必要がありますよね。

それから、決済機能や会員登録などの個人情報を取得するページに至っては、何度もテストをすることをおすすめします。

サイトの更新はSEOに不可欠
コンテンツの更新等の定期的なメンテナンスがSEOに良い影響を与えます
https://www.seojuku.com/
完全オリジナルのSEO塾.com

«
»