Googleウェブマスターツールのクロール速度を上げるオプション

ちょっと深く突っ込んだ話をしてみようと、テーマを「クローラーの訪問頻度」について、書いてみます。
クローラーはウェブサイトをリンクを伝って訪問して、ページ情報を収集してインデクサーに情報を渡すことをやっています。

Googleのウェブマスターツールを用いる時に、クロール速度の変更が出来ることをご存知ですよね?
クロール速度を変えることで、何か変化は起こるのでしょうか。


Googleのボットは非常に優秀で、無料ブログでの例を出しますと、ブログを新規に開設してから直ぐに1記事投稿すると、早くて数十分でインデクスされていることがあります。

無料ブログのドメインエイジのパワーだと思うのですが、信じられない体験でした。
もちろん、更新情報を伝えるpingの設定などは万全にしておきましたが、驚いたことを記憶しています。

では、新規ドメインの場合は、どうでしょう。
アクセス解析でボットの侵入を確認できるわけですが、それでもGoogleボットは数日で、クロールしてくれます。
当然、GoogleSEOボットを呼び込むためにリンクを貼っておくことは言うまでもありません。

ウェブマスターツールでクロール頻度を上げる必要があるかどうかですが、通常のスピードでも十分であると思います。
クロール頻度を上げても、コンテンツが良質になるわけではないので、結論としては、気にすることは無いというところでしょうか。

SEOセミナー ファイナル 大阪 東京新宿
好評SEO対策セミナー
少人数でのセミナー故に細かいところまで講義が聞けると好評。質問タイムで全ての疑問解決。
https://www.seojuku.com/seminar/

«
»