繁盛している実店舗を参考にしてウェブサイトの運営を

アクセスを訪問者と考えられる人は、ウェブサイトを実店舗同様に運営や設計思想を持っています。
顔も姿も見えないからこそ、適当には出来ないものです。

ウェブサイトは、一方的な情報コミュニケーションツールになりがちです。
だからこそ、訪問者の事を徹底的にもてなす必要があるのではないでしょうか。

法人やビジネスサイトには、掲示板などが置かれていないケースがあります。
なので必然的に、ダイレクトな「お問合せ」を利用してのコミュニケーションになってしまうわけですが、中々敷居が高く感じる訪問者もいるので、一方通行の情報提供が前提となってしまいます。

が、ネットユーザーは、例え、コミュニケーションを積極的にしなくても、再訪問することがあります。
恐らく理由は、
・新規アクセス獲得
・サイト内でのサービス
・再訪問の仕掛け
が、うまくリンクしているからではないでしょうか。

新規アクセス獲得には、SEOやオンライン広告などが導入されます。
もちろん、その他にも新規アクセス獲得のチャネルはありますが、検索ニーズの高さや消費者の関心をテーマにしているからこそ、新規アクセスが獲得できるわけですよね。

サイト内では、テーマに同調したコンテンツが展開されているでしょうから、満足度も高いものになるでしょう。
訪問者の期待通りの情報を提供できれば、リピーター向けにメルマガ購読やブックマーク登録を促進します。

はてブの価値あるSEOの読み物
検索マーケティングのニーズを満たすSEOのノウハウが満載。ブックマークの価値あり。
https://www.seojuku.com/

«