ブログの更新を安い外注費で済ますデメリットを理解していますか?

需要を調査していないので、何とも言えませんが、ウェブサイトを所有している企業で、定期的に更新している、あるいは専任の更新担当者を配属しているケースはどれぐらいあるでしょうか。

大企業ならまだしも、中小企業では、更新が重荷になっていることがあるのではないかと思うのです。


ブログは、更新が簡単という触れ込みもあって、一気にブレイクしたわけですが、これは趣味ブログや日記ブログの場合であって、ビジネスブログにおいては、編集に頭を悩ますこともあると思います。

例えば、コンテンツの更新スピードが要求されるのは、食べ物系ですね。
不動産情報系も膨大なコンテンツ量になると思いますし、成約物件や空き物件の発生の都度、ほぼ、リアルタイムでの更新が必要なのではないでしょうか。

となると、更新専用の人材が必要になりますが、その他の業種では、すでに閑古鳥が鳴いているウェブサイトもあると思うのです。

つまり、再生可能であるにもかかわらず、再生の方法を知らないために放置されているならば、WordpressブログはSEOで再生可能です。
更新サポートは外注化することで対応が可能とは思いますが、求人情報などを見ると、非常に報酬が安いですよね。

seo対策をテンプレートで
seo対策で失敗しないSEO塾のテンプレート
https://www.seojuku.com/template/

とにかく安く更新したいというだけのようです。
これは、真にコンテンツの品質が利益に結びつくか、戦略的にも知識としても理解していない、依頼主が多い証拠ですね。

«
»