SEOを導入するクライアントの目的によって戦略を立てる

SEOには目的が必要です。
その目的がわかっていない場合は、SEOエキスパートが正しく伝えることが重要となります。

法人がクライアントの場合、事業内容は様々であり、当然、SEOを導入する目的もクライアントによって違ってきます。
しかし、大抵の場合は、何パターンかに集約されるので、そのパターンによってSEO戦略が組まれると、比較的楽にSEOを実施することが可能になるのではないでしょうか。

オーガニック検索によるトラフィックの増加が目的の場合、ウェブサイトの改善やトラフィックを得ることで金銭的な報酬が発生することを、クライアントは期待していると考えます。
例えば、広告を掲載してそこから利益が出せるようなウェブサイトが適しています。

ECサイトがSEOを導入する場合は、直接、売上げに関わるトラフィックを獲得することが目的となります。
キーワード選定とコンバージョンレートがカギになります。
ROIを念頭に置いて、顧客が何度も訪問するようなウェブサイト構成も作り上げることが大切ですね。

最後に、ブランディングが目的の場合です。
ブランド構築やオーソリティを高める手段として、SEOを利用します。
直接のトラフィックを集めることも重要ですが、市場に対して注目されるような戦略が必要です。

このようにSEOの導入には、様々なケースを想定しなければなりません。

«
»