ビジネス

繁盛している実店舗を参考にしてウェブサイトの運営を

アクセスを訪問者と考えられる人は、ウェブサイトを実店舗同様に運営や設計思想を持っています。
顔も姿も見えないからこそ、適当には出来ないものです。

ウェブサイトは、一方的な情報コミュニケーションツールになりがちです。
だからこそ、訪問者の事を徹底的にもてなす必要があるのではないでしょうか。


“繁盛している実店舗を参考にしてウェブサイトの運営を” の詳細は »

あなたのウェブサイトは本当にユーザー視点になっている?

ウェブサイトはバランスが大事です。
派手なデザインは制作コストが嵩みますし、かと言って、テキストだらけのウェブページは読みにくく、苦痛にさえ感じる人もいるでしょう。

では、ユーザーが使いやすければいいのか、というと役に立たなければアクセスは伸びないですし、役に立てばそれで満足かというと、それも違いますよね。


“あなたのウェブサイトは本当にユーザー視点になっている?” の詳細は »

ブログの更新を安い外注費で済ますデメリットを理解していますか?

需要を調査していないので、何とも言えませんが、ウェブサイトを所有している企業で、定期的に更新している、あるいは専任の更新担当者を配属しているケースはどれぐらいあるでしょうか。

大企業ならまだしも、中小企業では、更新が重荷になっていることがあるのではないかと思うのです。


“ブログの更新を安い外注費で済ますデメリットを理解していますか?” の詳細は »

SEOを導入するクライアントの目的によって戦略を立てる

SEOには目的が必要です。
その目的がわかっていない場合は、SEOエキスパートが正しく伝えることが重要となります。

法人がクライアントの場合、事業内容は様々であり、当然、SEOを導入する目的もクライアントによって違ってきます。
しかし、大抵の場合は、何パターンかに集約されるので、そのパターンによってSEO戦略が組まれると、比較的楽にSEOを実施することが可能になるのではないでしょうか。


“SEOを導入するクライアントの目的によって戦略を立てる” の詳細は »

ビジネスマインドの低さがラクに稼げる系の商材を手にする一因でしょう

SEO塾はマニュアル、テンプレート、キャンプ、セミナーといった商材があるわけですが、この「商材」というキーワード自体が、怪しげなモノとして、インターネット上では認知されているのではないかと危惧しています。

なぜ、そのような心配をしているかと言いますと、「情報商材」の影響です。
情報商材という言葉自体には何の恨みもありませんが、その「情報を売る」というプロセスの中で、一部の人間が、道に反れたことをやっているらしいのですよ。


“ビジネスマインドの低さがラクに稼げる系の商材を手にする一因でしょう” の詳細は »

SEO保証サービスの相談に対するセカンドオピニオン

保証を求めるな、という言葉がありますが、世の中で保証ばかりに頼ってはいられません。
保障と保証を混同している人もいますが、保障は侵害からの保護、保証は未来へ向かっての約束、と簡単に説明しておきます。

もっと詳しく、保障と保証の違いを知りたい場合は、「保障と保証の違い」で検索してみてください。
たくさん、回答例がヒットします。


“SEO保証サービスの相談に対するセカンドオピニオン” の詳細は »

 

SEM担当者を採用またはパートナーとして選ぶ際の面接方法

検索エンジンマーケティングを職業とする場合、どういうタイプの人が適正があるのかは、採用する会社または個人コンサルタントによって意見が異なると思います。

「適正」というものは、事前にわかるものではありませんが、何となく好感触、という手ごたえはつかめるものです。
就活ブーム?のさなかにあって、好感触を得るためのノウハウなども出回っていますが、面接しのぎのための面接にならないためには、企業側はどうすればいいのでしょうか。


“SEM担当者を採用またはパートナーとして選ぶ際の面接方法” の詳細は »

「儲かるキーワード」を有料で配布するのはビジネスモデルのひとつ

検索ユーザーは、検索時に何らかの意図があって、キーワードを打ち込んで、検索ボタンを押しています。
その意図とは、特定の情報を得たい、何か買いたい、目的のウェブサイトを探したい、あることについて調べたいなど、必ず行動のきっかけがあります。

もっと深く掘り下げると、検索行動には原因があるわけです。
なぜ調べようと思ったのか、などですね。


“「儲かるキーワード」を有料で配布するのはビジネスモデルのひとつ” の詳細は »